61キーメカニカルキーボード

新しいキーボード買いましたこんにちは。

よりよいキーボードを求めるために、日々いろんなものを買い漁っている気がするんですが。
今回もまた買ってしまいました。

今回は61キーのコンパクトメカニカルキーボードですね。
こちらは中華製なんですが、あのHHKBっていうのがあるじゃないですか?
こんなの
HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨
HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨
本当はこれがほしいんですけど、すごく高いんですよね。下手したら中華PCが買えてしまうくらいのものです。

本当はほしいけど、とりあえず気持ち的に似たようなもので雰囲気だけでも試してみたいなということで、
こちら
METIS メカニカルキーボード 機械式 ゲーミングキーボード 61キー Bluetooth 無線 USB 有線 青軸 防水 充電式 LEDバックライト オフィス/ゲーミング用 英語配列 日本語取扱説明書 (61キー, 黒色)
METIS メカニカルキーボード 機械式 ゲーミングキーボード 61キー Bluetooth 無線 USB 有線 青軸 防水 充電式 LEDバックライト オフィス/ゲーミング用 英語配列 日本語取扱説明書 (61キー, 黒色)

を今回は買わせていただきました。
性質なんかはもちろんぜんぜん違うんですけど、61キーのコンパクトっぷりは多分おんなじ感じだと思います。

コンパクトキーを使いたかったのと、できるだけUSBポートを使いたくないっていうのがあって、Bluetooth接続可(もちろん有線もできる)ものを選びましたのね。


まずコンパクト具合ですが、やはりとてもコンパクトでした。
フルキーボードのFキー、矢印キー、Insertキーらへん、テンキーがすっぽり切り取られたデザインで本当に小さいですよね。
61きーぼーど斜め.jpg

61キーボード.jpg

写真とっておきながら比較対象もないって、ダメダメじゃんとか言わないで。


ただでさえ狭い机なんですけど、めちゃめちゃ広く取れて大きさはもう文句なしでした。

この61キーは必要最低限のキーのみの配置になって、それ以外のキーはFnキーとの組み合わせで入力可能になっております。

このFnの組み合わせが面倒と思われるかもしれませんが、逆に考えれば、手を動かさずに様々なキーにアクセスできるようになると言ってもおかしくはないものです。
とくにFキーなんかそうですよね。フルキーボードだと大きく上に腕を動かさないといけないんですけど、Fnキーと合わせることで数字キーのところに手をのばすだけで入力できるんです。

なので、結果的に長文入力をする際に疲れにくいんですねーといえるキーボードです。多分。
まだそんなに使ってないんですけど。

矢印キーなんかも基本キーの中に組み込まれているので、手を動かさずにアクセスできます。
腕動かさなくていいですよね。


ちなみに、HHKBの場合は矢印キーはFnキーの組み合わせで入力するんですが、このキーボードの場合は単押しが矢印キーでした。
Fnキーとの組み合わせで右Alt、Appskey、右Ctrl、「・」のキーの入力になりますんですけど、ちょっとこれが個人的には反対にしてもらったほうが良かったかなと思いました。
なんか切り替え設定で単押し機能の変更ができるらしいんですが、矢印キーに関しては変化なかったです。



まぁ、そんなこんなで、自分で作ったものぐさのためのキー配列スクリプトが役に立つわけなんですよ。
普通のフルキーボードでも中3段でほぼ全ての入力ができるスクリプトです。


配置の説明書もないし、多分処理のもたつきでマイクロソフトオフィス系がまともに動かなくなるしで特別公開はしていないんですけどね。個人で使うためのスクリプトになりました。

でも、HHKBを含める61キーには大いに役に立つと思います。


ちなみにメカニカルキーボードの青軸なので、タイプするとかちかちと小気味よく鳴らしてくれます。
オフィスでは使えないけど、自宅で使う分にはいいんじゃないでしょうか。

あ、そうそう。
これ買ったとき、最初「H」が全然反応しませんでした。
初期不良かなと思ったんですが、ぐりぐり押し込んだら反応するようになりました。
これ、LEDが付いてるんですよね。で、タイプするとタイプしたところがふわっと消えてまたついてっていうにくい演出してくれるんですよ。
だから「H」を押したときなんの反応もなかったので、たんに接触不良っていうのがわかったんですけどね。

しばらくは愛キーボードになるでしょう。

この記事へのコメント

見ていただけだらぜひとも
をお願いします♪

☆ブログランキング参加中!☆
ぽちっと応援お願いします♪
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ にほんブログ村 イラストブログへ